ケンとマオ(現代ファンタジー)

トップへ / 小説トップへ




「こら、マオちゃん!早くしないと小学校遅れちゃうわよ」
 かがみをみるとママがドアからおかおをだしているのがみえる。
 そういえば、なんでかがみの中のママと目があうのかな。ふしぎだね。
「まだかみ、とかしてないもん」
「よし、ママがやってあげようか?」
「だいじょうぶ、じぶんでできるから」
「やれやれ、おませんさんね」
 いっつもママは、私を「おませさん」っていうの。
 「おませさん」ってマオみたいにちっちゃいけど、おしゃれとかすきな子のことなんだって。
 きのう、パパがおしえてくれた。パパはなんでもしってるからね!
 でもマオちっちゃくなんてないよ。もう6さいだもん。
 りっぱな「れでぃ」なんだよ。
 ママは「れでぃ」のこころをぜんぜんわかってない。
 まったくこまっちゃうよ。

 キャンキャンッ!

「ほらほら。ケンもはやくっていってるわよ」
 ケンはうちのイヌだ。ちゃいろとしろのイヌ。
 コーギーっていうイヌなんだよって、パパがおしえてくれた。
 パパでもわからないことがあるんだなっておもった。
 だってケンだもん。
「ちがうよ、ママ。おはようっていってるんだよ」
「はいはい、ママ玄関で待ってるからね」
「はーい」



「うん、ばっちり♪」
『今日は念入りですね』
 ケンがおすわりしながら、マオにおはなしする。
 マオとケンはおはなしができるの。
 でも、ほかのワンちゃんとはおはなしできない。
 もっといろんなワンちゃんとおはなしできたら、たのしいのにね。
「だって2くみのミワちゃんのことマサトくんかわいいっていったんだもん」
『それはそれは。あ、マオさんスカートのチャックが開いてます』
「あ、ほんとうだ」
『ふふ、レディと言うにはまだまだですね』
「ふんだ。ケンだってまだこどものくせにぃ」
『私は二十七歳っていつもいってるじゃないですか。立派な紳士なんです』
 いつもケンはそういうけど、マオはしってるんだよ。
 マオが三さいのときにケンはうちにきたの。
 マオは六さいでしょ?
 だから六から三をひいて、三。ケンは三さい。
 ひきざんくらい、かんたん。
 マオはもうかけざんもできるんだから!
 いんいちがいち、いんにがに、いさんがろく、いしがはち……あれ? ちがったかな?
「マオちゃん! まだなの?」
「あ、いまいくよ!」
 げんかんで、ランドセルをもったママがまっている。
「じゃあね、ケン」
『いってらっしゃい。給食、残しちゃダメですよ?』
「はーい、いってきまーす!!」



 おそとにでたら、ぽかぽかとあたたかかった。
 いいおてんき。
 かえりも、おてんきだといいな。
「ワン!」
 おとなりのシロだ。マオと同じくらいのおっきいイヌ。
 しろいからシロ、なんだって。そういえば、ケンはなんでケンっていうんだろう?
 かえったら、ママにきこうっと。
「おはようシロ」
「ワンワンっ!!」
 やっぱり、ほかのワンちゃんは「ワンワン」とか「キャンキャン」としかきこえない。
 あしたになったら、おはなしできるようになりますように。

おわり


あとがき

凄いほのぼの系の話が書きたかったんです。
それだけなんです(何)
そんな訳でちょっとおませで犬とお喋りできちゃう(但しケンだけ)女の子マオちゃんと、やたら紳士ぶっている犬ケンの物語。
いかがだったでしょうか?
どうしてマオちゃんがケンとお話できるとかは突っ込まんでくれるとありがたいです。
多分、他のワンちゃんとお話できないと思ってても、どうしてお話できるかとかはマオちゃんは考えてないと思うので…。

文体は6歳の女の子って事でひらがなにあえてしたんですけど、ちょっと読みづらかったかも知れません(汗)
えっと、この作品は実験作のようなものなので…。

この作品は参加している『書き込み寺』の企画で書いたものです。テーマは「犬」
どーせなら、もう1つのテーマでも書けないかなーなんて思っている自分。
…期待はしちゃだめです(ぇ

最後に補足。
ケンの種類は正式には「ウェルシュ・コーギー」です。
あらゆる犬の雑誌等を読み漁って、イギリス原産の犬を調べて一番に惚れました(笑)
ええ、管理人は犬飼ってません。飼った経験もありません(汗)
猫は飼ってます。そんな訳で主人公の女の子は「マオちゃん」なんですね(笑)
ケンのネーミングについては敢えて言わないでおきます。多分すぐわかるから(ぇ
そんな訳で犬飼ってらっしゃる方、…すみません(汗)

ではでは。

追伸。
途中で出てくる、「マサトくん」と「ミワちゃん」は完全に趣味です(汗)
わかった方は、笑ってやって下さい(笑)

原稿用紙換算枚数:4枚

トップへ / 小説トップへ