とりあえず、ゲンジツ。(現代)

トップへ/小説トップへ/


 景気付けに、寿司屋のランチに行こうと思ったのが失敗だった、と「その時」は思った。

*      *      *

「すみません、アガリ下さい」
「何アガリって? お茶の種類?」
「寿司屋では、お茶の事アガリって言うんだよ」
「へー、そうなんだあ。アンタ、物知りだね」
「じゃあさ。しょうゆの事はなんつーか知ってるか?」
「え? わかんない。なーに?」
「ムラサキ」
「すごーい!」

*      *      *

 ブランド物を纏ったマダム達の談笑が飛び交う中、若いカップルの会話はそこだけマイクをつけたかのように、やたらに鮮明に耳に届く。特に良く響く「カノジョ」のソプラノ声。はっきり言って耳障りだ。得意気に知識をひけらかす知ったかぶり男と、たいしたこと無い知識におバカちゃん丸出しで、大げさに驚く女。
 ばっかじゃないの。イライラしながら、海鮮丼をかっ込む。お口に入れた途端にとろける産地直送のウニの味も、威勢よく弾けるイクラちゃんの感触も、半減だ。海鮮丼ランチ。千八百円。半分。イコール九百円分の損。どうしてくれよう。バカップルめ。

*      *      *

 ……と思っていたりした時に限って、レジの順番が前後したりする。これは、運命の悪戯か。神は慈悲深いのではなかったか。
 真の答えは単純明快。ただの偶然だ。全世界約六十億の人間を支配している神が、こんな平凡な女子大生を嫌がらせるが為に、偉大なるお力を振るうはずもなかろうに。無論、私が感じた「ヤな感じ」は、実は「ごくありふれた寿司屋の日常の風景」という事は理解している。でも、今は理解したくなんてなかった。
「一万円しか、ないけどいいっすか?」
 一万円「も」あるんだったら、ホテルのランチバイキングでも行きやがれ。

*      *      *

 吹き付ける木枯らしが、心まで冷やしていくようだ。別に体を冷やされているのは私だけではないのに。室内に入っても、冷たさがしばらく残るのは、ただの冷え性だ。神様も、寿司屋のカップルも、木枯らしも、私に害をなさんとしている訳じゃない事くらい理解している。眼中にすらあるはずはない。人類皆兄妹なんて言うけれど、無関係の私は、彼らにとってはただの社会の一部だ。
 ましてや、私とアイツが別れた話なんて、知る由もない。私とアイツの問題であって、他の誰かに責任がある訳ではない。アイツにも責任があるけど、私にだって責任がある。そう。だからこれは、アイツと……そして、私が悪いんだ。去来する気持ちは当然の報い、耐えねばならない試練。なのに、それを緩和する為に、ただの幸せなカップルを卑下している。『最低』って指差されても、反論できない。何か急に恥ずかしくなって、用もないのに近くのトイレに駆け込んだ。

*      *      *

 手を洗って、バッグからハンカチを取り出そうとした時に、チカチカと光るものに気付く。携帯のメール着信、全五件+着信1件。開いた先には、見慣れた名前が並んでいる。また、恥ずかしくなった。穴があったら入りたい。
 アイツと別れた昨日の夜。しばらく呆然とした後、悲しさが襲ってきて。でも、一晩泣き明かしたら、今度はイライラしてきちゃって。わだかまりを解消したいが為に、親友にメールを打った。それはもう、被害妄想バリバリの八つ当たりともいえる、迷惑極まりない内容の。
『何ー!? いつのまに、そんな展開になってた訳? 詳細求む』
『とりあえず、気をしっかり持て! ガッコに来たらじっくり話聞くから。いいか、はやまるな!』
『今家? 二コマは、一応代返しておいたよー。』
『……おーい、生きてますかー。応答せよ。応答せよ』
『コラ! 午後の授業は、ゼミだから代返聞かないぞ! お前をフッタ男の為に、評定下げる気か! 幾ら、センセーが寛容でも失恋は欠席の理由にはならないぞ!』
 上記のメールの、三分後。着信アリ。
 襲う自己嫌悪を、取っ払いながら、学校行きのバス停へと走り出した。とりあえず、現実を認める為に。

END


あとがき
 もう、かれこれリクエストされたのは、一年以上前の事になります。
 今はもうみていらっしゃるかどうかも定かではありません(汗)
 結果できたものが、いまいちどうなのよ、な作品でさらに撃沈(滝汗)
 一応、11111HITを獲得した、ちなちゅさんに捧げます。

 一応、「ありふれた日常を描く現代モノ」の第3段として書いた訳ですが。

 こんな話がありふれてたまるかっ!!!!!!

 って感じですね…。
 つーか、最初のカップルの会話…苦しー(汗)


 幸せハッピーなお話もいいですが、こう言うお話も書いてみなきゃいけないのかな。
 …と勝手に思いついて、出来たお話です。
 そんな訳で実験的な(ものをキリ番作品にするな!)作品なので、多少の脈絡の無さはご了承あれ(汗)


 ショッキングな出来事に遭遇すると、冷静な判断が出来なくなるもの。
 そんな時こそ、現実を「とりあえず」受け止めて、整理したい。
 気楽じゃない、気丈な心を持ちたいなと思う今日この頃です。
 …まあ、なかなか上手くいかないんですけどね…。


 まあ、こんな作品もアリって事で(そんな締めか)
 それでも、何か感じることがあれば幸いでございます。


…次こそは、純愛モノ書きたいなぁ…。(遠い目)

10月7日 月島瑠奈拝

原稿用紙換算:5枚

トップへ/小説トップへ