飛べない魔術師 まえがき

目次へ



___罪を背負った瞬間から,少年魔術師の数奇な運命は始まる。

『ライラ公国』
面積は狭小ながら,大陸一の魔道大国としてその名を馳せている海岸沿いの国。
数多くの『魔術アカデミー』と呼ばれる魔術師養成学校が存在し,優秀な魔術師達が年々輩出されている。
その中でもトップクラスの魔術師しか属する事が許されない,いわば魔術の精鋭達が集う場,
通称『アーネスト』と呼ばれる,それが『魔術師協会総本部』である。
ちなみに『アーネスト』とは,協会創設者の名に由来している。
今では協会の通称の他,協会長の呼称にも使われている。
お飾り同然となっている大公の代わりに,国の実権を担っているのは彼ら。


そんな世界で,繰り広げられる一見コミカルながらも,根底はダークなファンタジー。
…と作者は思っているんですけど,はたしてどうなる事やら(オイ)

とりあえず,この話のキーワードは。

『飛べない魔術師』



『混血魔術師』



『白い魔物』

とぃう事だけ言ってこの辺りでお開き(ぇ



それでは,魔法のシーン書くのすげえ苦手な作者が描く,魔法三昧のファンタジー(泣)
ご覧いただければ,これ幸い。


じゃ,この辺で(笑)


目次へ